←2018.06 2019.07 2019.08→
水害についての情報をください。
「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO64 「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO65 「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO66
「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO67 「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO68 「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO69
←2018.06
2019.07 2019.08→

西日本豪雨災害情報


水害についての情報をください。

 ネットのみなさまへ

今回の水害は非常に範囲が広くなっています。
現在愛媛、広島の情報は入っていますが、その他の地域の状況がわかりません。
被害が出ている場合はゆめ風基金まで連絡ください。
また被害調査票や緊急支援用のリーフを添付します。


緊急支援のためのリーフ2.doc

被災地支援金助成要綱.docx

2018豪雨被災状況調査票.doc



よろしくお願いします。

                               ゆめ風基金 八幡

--
=====================
被災障害者支援NPO法人ゆめ風基金
〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
TEL 06-6324-7702 FAX 06-6321-5662
http://yumekaze.in.coocan.jp/
yumekaze@nifty.com
=====================


ページトップへもどる


      

「平成30年7月豪雨」災害レポートNO64

ブログで写真もご覧下さい。 http://ngo-kyodo.org/201807gou/
(別ウインドウで開きます)

 西日本豪雨災害から7月6日で一年を迎えました。私たちは一周忌にあたり、広島県安芸郡坂町の平成ヶ浜公園仮設で住民の方々と竹灯籠に灯りを灯しながら、お茶会を開催しました。
 神戸から竹灯籠に使う竹について相談をしたら、住民さんは快く応えてくれて、私たちが現地入りする数日前には、すでに山から数本の竹を切り出してくれていたのです。4日の午後に神戸から広島に入り、竹の様子を見に行きました。仮設の住民さんにもお手伝い頂き、水害で被害を受けた被災者の方のご自宅の裏山から竹を頂きました。ご自宅のあった場所を訪ねると切り出してくれていたので、大助かりで、その竹を車に積み込み、会場となる仮設に運びました。

 帰り際に、仮設の住民さんが大切に育てている野菜を頂きました。ピーマンやトマト、ゴーヤ、大葉など新鮮な野菜を頂きました。どれも取れたててみずみずしい野菜は何も手をつけなくてもとってもおいしかったです。一緒に行ったスタッフはその場でピーマンを丸ごとほおばりました。「おいしい!!」と。仮設には先日の「ようよう広場」の木工教室で作った棚が飾ってありました。なんだか、もともと立派な植木ですが、余計に立派に見えるのは気のせいでしょうか(笑)

 宿舎に戻り、頂いた野菜でスタッフと豪華な夕食を囲むことができました!仮設の敷地を耕して、りっぱな野菜を作っている被災者のみなさんから、体も心もたくさんのパワーを頂きました。ありがとうございます。(つづく)
(増島 智子)

--
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ※リンクはすべて別ウインドウで開きます。

※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
HP:http://www.ngo-kyodo.org/
FB:https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO/

【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ページトップへもどる


      

「平成30年7月豪雨」災害レポートNO65

 西日本豪雨から1年が経ちました。被災地には更地が広がっていました。
「普段は町を歩いても誰とも会わない日もあるのよ。淋しいよ」という声を聴きました。
大きな被害をもたらしたそれぞれの川のほとりには、黒い大きな土嚢袋が並んでいるだけで、どこもいまだ手つかずの状態です。
 「総務省消防庁によると、西日本豪雨の直接死は14府県計222人。関連死53人と合わせると、死者は14府県で275人に上る。行方不明は岡山、広島両県で計8人。」(2019/7/6毎日新聞より)
 亡くなられた方に心からお悔やみ申し上げます。そして、行方不明の方一日も早く見つかりますように。
 私たちが関わっている被災者の方も息子さんを関連死で亡くされた方がいます。持病があるなかで、仕事と家の片付けや厳しい避難生活が被災者に過度な負担を強いてしまい、災害で生き残った大切ないのちがまたひとつ消えてしまいました。これほど悔しいことはありません。

 そして、災害が発生した前日には住民さんとボランティアのみなさんで7月6日に使う竹灯籠の竹を小切りしました。斜めに竹を切るのは少し難しいのですが、みなさん器用に次々切っていきます。すでに山から竹を切り出してくれていたので、作業もあっという間に終わりました。

 7月6日の当日は、朝9時には町中にサイレンが響き渡り、それぞれが黙とうを捧げました。そして、その後仮設の集会所には住民のみなさんが朝から待ち遠しそうに集まってくれました。竹をみなさんと並べながら、「一年あっという間だったような、長かったような…」など話をしていました。避難所で仲良くなった子どもも様子を見に来てくれて、少しお兄さんになった姿をみて、一年の長さを感じます。
 我が家のあった被災地にはなかなか足が向かないから、ここでやってくれてよかった」、「喪服がないから、町の式典には行けないよ」という方、「車がないから、行けないよ」という方、「ちょっと地域が違うからいけないな」など、それぞれ想いを持った方たちが、仮設の集会所に集まってくれました。ずっと活動を続けている兵庫県立大学大学院の卒業生などが久しぶりに来てくれて、住民さんもまるで娘か孫が来たように、嬉しそうに会話が弾み、笑顔が絶えません。コミサポひろしまのみなさんも参加してくださり、住民さんと木工を楽しんでいました。

 もちろん、これからの生活を考えると不安がいっぱいです。「災害復興住宅に入っても、年金生活だし、家賃が払えるのかどうか心配…」、「自宅を再建したいけど、年も年だしどうしようか迷っている」、「危険区域に指定されてしまったので、家を建てようにも建てられない。」など不安は尽きません。
 そんな不安を抱えながらも、住民さん同士がふれあい、交流することで、ほんのひと時でも気持ちが安らいでもらえたら、うれしいです。

 翌日7日は七夕さまということもあり、住民さんから七夕をしたいというリクエストがあり、急遽竹を取りに行き、飾りつけをしました。それぞれに書いた短冊の願い事が叶いますように。。。

 これからの復興には長い時間がかかると思いますので、細く長くご支援ください。
(増島 智子)

*竹灯籠に使用したろうそくは、高野山真言宗松原山薬師寺住職の猪智喜様よりご提供頂きました。ありがとうございました。

--
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ※リンクはすべて別ウインドウで開きます。

※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
HP:http://www.ngo-kyodo.org/
FB:https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO/

【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ページトップへもどる


      

「平成30年7月豪雨」災害レポート No.66


 7月4日〜8日まで、広島県安芸郡坂町小屋浦地区へ行って来ました。昨年10月以降行けておらず、久しぶりの広島でした。川の土手には、まだ黒い土嚢袋が積んであったり、工事の車が出入りしていました。7月6日で、西日本豪雨から1年です。久しぶりに書かせて頂くレポートは、広島で暮らす人たちの「いま」を伝えることができたらと思います。(4回に分けてレポートします。)

①「暮らし」
 昨年の9月、私は小屋浦地区から坂町の仮設住宅へ移られる方々の引っ越しのお手伝いをさせて頂きました。あの暑い夏の中、これから住まれる家に配置などを考えながら、ベットや机などを一つずつ入れていく作業は、疲れもピークに差し掛かっているみなさんにとっては、本当に大変だったと今でも思い出します。
そんなことも思い出しながら訪れた仮設住宅で、私は驚かされました。最初に訪れた家の裏のベランダ側には、発砲スチロールを上手に使われて、トマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、しそなどの夏野菜!が育っていました。ベランダの隣には、作業道具を入れるための手作りの収納倉庫までが作られていました。

 お野菜に目が行き、「わ〜っすごい!いっぱいなってますね!」。『持って帰る?』というお母さんの言葉に連れらて、ピーマンの近くへ行くと、なんとも大きなピーマンがごろごろ。それを一つ一つ一緒に採らせていただくと、青々としたいい匂いがふわ〜っと。思わず「食べてもいいですか?」と、ピーマンをそのままがぶり…。「新鮮な苦みがあって、且つ、う〜うまい!!」。『えっ生で食べるの?』と言われ、笑いが止まりませんでした。

 1年という時を感じ、ここで住んでこられたみなさんの「暮らし」を感じる一日となりました。改めて、「暮らしに仮り」はないのだと実感しました。
(ボランティアスタッフ 柚原里香)

--
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ※リンクはすべて別ウインドウで開きます。

※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
HP:http://www.ngo-kyodo.org/
FB:https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO/

【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ページトップへもどる


      

「平成30年7月豪雨」災害レポート No.67 

ブログで写真もご覧下さい。 http://ngo-kyodo.org/201807gou/
(別ウインドウで開きます)

②「共に過ごしてきた仲間」

 5日は、7月6日で西日本豪雨から1年を迎えるにあたり、どことなくみなさんがソワソワしていました。仮設へ行くと、今日一緒に準備をしてくださる方の家のベランダから、「ちょっとおいで。」と声をかけてくださいました。「今日のおやつにでもみんなで食べて。」っと、手づくりのパンを作って下さっていました。くるみとレーズンが入った焼き立てのパン。「ちょっと味見してみて。」と切ってくださるパンからは、ゆげと同時にふわ〜っといい匂い。外がサクサク、中がふわ〜。「おいし〜っ!!」。焼いてくださったことへの気持ちとパンのうまさになんとも言えない気持ちになりました。

 数日前まで雨の予報だったにも関わらず、この日は快晴。暑くて汗がでるほどの天気となりました。竹灯篭の準備が始まりました。パンを作ってくださった家のお父さんは、竹を切る道具を家から運び出し、さっそく作業に取りかかられました。大工をされていいたお父さんの仕事ぶりは、本当にすごいです。「こんな感じのものを…」と見本を見せると、あっという間に一つ、二つとすてきな灯篭が作られていきます。そして集会場前の作業場には、一人、また一人と仲間が集まって来ました。「〇〇さん、切るの変わろうか?」「竹の中から水が出てくることがあるから気を付けて。」「〇〇さん、ちょっと休憩しようや〜。」一つ一つの声かけが、みなさんで家族のように1年一緒に過ごしてこられたことを感じさせるものでした。仮設に来た時はお隣さんも分からなかった方々が、今こうやって共に生活している風景を見ながら、1年なんだな〜と。

 そんな中、出来ていく竹灯籠を見ながら、被害に遭われた多くの方々への想い、1年をどのように過ごされていたのだろうと考えていました。
(ボランティアスタッフ 柚原里香)

--
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ※リンクはすべて別ウインドウで開きます。

※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
HP:http://www.ngo-kyodo.org/
FB:https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO/

【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ページトップへもどる


      

「平成30年7月豪雨」災害レポート No.68

ブログで写真もご覧下さい。 http://ngo-kyodo.org/201807gou/
(別ウインドウで開きます)

③「小屋浦の風景は『いま』」

 竹灯籠の準備がひと段落し、お昼になりました。広島へ来たら、お好み焼きが食べたくなります。小屋浦でお好み焼き屋を再開されたお母さんのお好み焼きを食べに行くことになりました。昨年私がお会いした時は、被災されたお好み焼き兼、家の片付けをされていました。毎日の片づけ作業に追われ、一日が終わると疲れ切っている様子でした。再開をされたとお話を聞いていましたが、今回食べに行くのが初めてで、うれしさのあまり気持ちが高まります。
 お店に入ったすぐの柱には、「まけないぞう」さんを飾ってくださっています。そしておかあさんは、きれいにお化粧をされており、笑顔で迎えてくださいました。私は「イカ天入りお好み焼き」を注文しました。「ここでお好み焼きを再開させたい」、きれいに磨かれた鉄板の上で作られていくお好み焼き、いい匂いとソースのジュワーのという音が食欲をそそります。お母さんの元気な顔を見ながら、おいしいお好み焼きを口にほうばります。
「おいし〜!」。
今日ここでお好み焼きを食べられたこと、本当に嬉しかったです。

この地域は、被害が大きかったところの一つで、現在家を解体しているところも多く、以前の小屋浦の景色とだいぶん変わってしまいました。「みんな帰って来ないかな。」とぽつりとお母さんは話されました。
(ボランティアスタッフ 柚原里香)

--
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ※リンクはすべて別ウインドウで開きます。

※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
HP:http://www.ngo-kyodo.org/
FB:https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO/

【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ページトップへもどる


      

「平成30年7月豪雨」災害レポート No.69

ブログで写真もご覧下さい。 http://ngo-kyodo.org/201807gou/
(別ウインドウで開きます)

④「自分たちが住んでいた小屋浦を見届ける」

 久しぶりの小屋浦地区を、少し車で回ることにしました。当時被害が大きかった地区の天地川沿いを山へ向かっていくと、あれっ見慣れた後ろ姿、Kさんです。みなし仮設住宅から、20分ほどかけて、被災された家の近くに作った畑へ行く途中でした。坂道を上り、ここまで歩いて来られることに驚かされます。以前ボランティアさんが手伝って作った畑には、すてきな物置き小屋も作られており、お野菜が植えられていました。しかし、動物が悪さをしたようで、植えたお野菜がひっこぬかれていました。私たちは、一緒に動物除けの網を買いにでかけました。一人で住まれているKさんがホームセンターで買ったものをここまで運ぶのはとても大変です。そしてこの地区は、またいつ被害が起きてもおかしくない場所です。でも、ここに畑を作って通われています。毎日自分の目で確かめながら、復興していく小屋浦を見つめています。Kさんはいま、どんなことを考えて生活をされているだろうか。お別れの時のKさんのお顔を見ながら思いました。

「そして、これから」
 久しぶりの広島は、1年という時の流れを感じ、一人ひとりの生活、暮らしを感じる日となりました。それぞれの家には、家族が住まれるあったかい生活の場がありました。そして仮設住宅で一緒に過ごしてこられた仲間との関係は、本当にすてきだなあと感じました。

 私たちが帰るとき、一人の方が仲間のみなさんにこんなことを言われました。「また集まろう。1年後はみんな離れてしまうけん、来られるときに一緒にやろうや〜。」。この言葉にはっとさせれられました。みなさんの生活の中には、一日一日を過ごしていくことを考えるとともに、「来年どうしたらいいのか」という不安がいつも心の中にあるのだということです。心配ごとをかかえながら過ごすことは、本当に大変であるとともに、私たちはこの心の声に耳を傾けなければならないのでないかと感じました。

(ボランティアスタッフ 柚原里香)

--
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ※リンクはすべて別ウインドウで開きます。

※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
HP:http://www.ngo-kyodo.org/
FB:https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO/

【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ページトップへもどる


      

 


ページトップへもどる


      

 



ページトップへもどる


      

 



ページトップへもどる


お問い合わせ

住所
〒653-0811
兵庫県神戸市長田区大塚町
6-1-1 池内ビル1階
E-mail
gutskun@takuto-kobe.main.jp
Tel
078-642-0142
Fax
078-642-0942  

 SiteMap(サイトマップ)